スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
菅 健風
スポンサー広告  

4つの展覧会
s-2009_0505柿いろいろ0012



先週からスタートした、『ピカソと20世紀美術の巨匠たち』展

地階の市民ギャラリーで始まった『国際・書展』のついでにのぞいた


20世紀美術コレクションの質の高さでは、屈指のドイツの美術館の所蔵作品だそうで
ピカソを期待して行くと少し期待はずれかもしれない(ピカソの点数はそれほど多くないのだ)

それに他の名が通った作家のも1,2点(私が知らないだけかもしれないが)づつぐらいしかない


いつも思うが、20世紀の巨匠も達も1,2点しか見せられないと良さが全然伝わってこない
代表的な作品ならまだしも、マイナー作品だとあまりピンと来ない

その当時は斬新だったかもしれないが、現代ではわりと、皆つまらなくみえる

最近の若手の作家の方がはるかに魅力があるように思うのだが
わたしだけだろうか?



s-2009_1124柿いろいろ0063


そしてもうひとつが『国際・書展』

絵画もいいが、墨に込める書の世界もまた格別な味わいがある


相当数作品の中から、一番印象に残ったのが
ファッションデザイナー、コシノ3姉妹の『コシノ・ヒロコ』氏のこの作品だ



s-2009_0504柿いろいろ0008


そしてこれは月曜日、向原市民ギャラリーで見た 『はら みちを』展の1枚


s-img045.jpg



それともう一つ、今年で9回目を迎えた呉美術館での『原 年永』展

昨年は行かれなかったので、2年振りに見させていただいた




広島ブログ
     
無料でお贈りする元気の出る言葉のサービスです
言葉は心のビタミン堂
 
ブログランキングにほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ<




スポンサーサイト
菅 健風
美術館   4 0

下蒲刈島 『蘭島閣美術館』
s-DSCF2981.jpg
                                       s-DSCF2988.jpg
                                       s-DSCF2979.jpg
http://www.hiroshima-cdas.or.jp/syunran/institution/museum.html                                                                                                                                  以前の仕事で、何度かこの島を訪れそのたびに気になっていた
この『蘭島閣美術館』に先日、やっと行くことができた
                                       
総檜の本格的な日本建築の建物は、日本近代絵画を代表する作家や
郷土ゆかりの作家などの作品を、多数所有しているらしい
                                       
このたびは、中川一政、熊谷守一、林武、梅原龍三郎、小林和作、
佐野繁次郎などが目を引いた
                                   
s-DSCF2983.jpgs-DSCF2984.jpg
                                                                                                                                                       ここは町のもので、平成3年に50億円以上かかって出来たと
近所のコンビニのおじさんが教えてくれた
                                            
確かに、あれだけの建物と、著名作家の作品を相当所有していると
なると、かかるのも無理ない金額かもしれない
                                     
関連施設が松濤園と三ノ瀬御本陣芸術文化会館というのがあり
どちらも見ごたえがある
                                 
特に松濤園の中の、陶磁器館はおすすめである
s-DSCF2993.jpg

s-DSCF2990.jpg
                                       s-DSCF3000.jpg
                                       s-DSCF3006.jpg
                                       s-DSCF3007.jpg
                                       s-DSCF3005.jpg
                                       s-DSCF3010.jpg
                                                                                                                                                                                                                                       そしてこの島は、みかんで有名なところで
島のあちこちで、みかん山から収穫をする時につかうリフトのレールが見られる
                                     
それとこれも、たくさんある無人の柑橘系販売所
レモン、八朔、甘夏など100円か200円で売られているのもうれしい

                                                               広島ブログ
菅 健風
美術館   2 0

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。