スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
菅 健風
スポンサー広告  

犬と暮らせば
s-DSCF1613.jpg
s-DSCF1607.jpg
s-2007_03222007の撮影0033
                                                  
                                                      
                                                      
子供の頃から家には、犬、ネコが常に何匹かづついたように思う
                                      
でもずっと自分が、面倒をみた記憶がない

                                
                       
今の古民家に移って2年目の1月
たまたまデパートの、リニュウアル工事の式典の仕事で
屋上に行った時、こいつはそこにあるペットショップで
                              
生後7ヶ月もたち、ほぼ成犬に近い体つきをして
おまけにバーゲン価格で、私を待っていた
                              
そして早5年、雨の日も雪の日も
朝は4時でも5時でも、夜は深夜2時になっても
日に2回の散歩を、なんとか続けてきた
                           
べたぼれしている訳でもなく、そんなに手をかけてもいない
                                        
日々ずる賢くなり、時には家の中を荒らしまくる
こいつを押さえこんで、本気でどなるなど
                              
退屈しない程度に、問題を、度々おこしてくれる
                            
                         
しかしふと気づいたら、こいつのおかげで
なにかとにぎやかで、いいストレスのある生活が送れていた
                                    
そういえば、昨年の40日間の車での、里帰りの時も
寝食をともにして、いい話相手になっていた
                              
そうだこいつがいなければ、1日家の中で言葉を、はっすることがないかもしれない
                                         
                                          
友人で10年飼ってた、愛犬が亡くなったとき
夫婦で声をあげて泣いたというのを聞いて
                               
自分はぜったい、そうはならないだろうと思ったが
この頃、ちょっと自信がなくなった
                                     
                                    
                                      
s-P1010041.jpg
s-P1010049.jpg
s-P1010001.jpg
                
                                                    
広島ブログ                                                
                                                
スポンサーサイト
菅 健風
つれずれ   13 0

:生活の中で - :ライフ


あんたは!
s-DSCF1606.jpg
                     
                                                      
                                                      
きっとまわりの人たちは、心の中でそう言っている
                            
もっと自信を持て
                        
                               
                           
お前のこんなところは、すごく 光っているぞ!
                            
お前がいると、みんなが 和やかになるぞ!
                           
お前の一生懸命さが、みんなを刺激しているぞ!
                             
お前のやさしさに、みんな救われているぞ!
                               
                             
お前は、自分が思うより ずっとすばらしいぞ!

                                   
                                          
  広島ブログ                              
菅 健風
つれずれ   4 0

:ポジティブでいこう! - :心と身体


勇気がほしい!
s-DSCF1588.jpg
                     
                                                      
                                                      
これは止めた方がいいなぁ、っと思うことは日々の中で
けっこうたくさん出てくる
                           
周りの人が、平然とやっているあきらかなまちがい
俺は、やめると勇気をもって言い切りたい
                               
                               
                                 
これは、世の中のためになるになるなぁ
困っている人のためになるなぁ、って思えることもたくさんあったはず
                                 
ちょっとした勇気のようにも、思えるがなかなか決断するとなると
二の足を踏むことも多い
                               
自分ひとりでも、やめる、はじめる勇気
                      
小さなことではない、とても価値のあることだ
                                
                                  
 広島ブログ                                   
菅 健風
つれずれ   1 0

:これってどお?? - :ブログ


「山笑庵」の縁側ギャラリー
s-2008_01232007の撮影0001
s-2008_01232007の撮影0003
                
                                                      
                                                      
私の住む古民家を、勝手に 「山笑庵」(さんしょうあん)と名づけ
暮らしはじめて、早いものでもう6年が過ぎた
                              
玄関の左隣りに、道路に面した2帖ほどの縁側がついている
越してきた当初、ご近所の挨拶を兼ねて
こんなことをしている物ですとばかり、作品を並べた
                                
家の中にいると、その作品について話す声が聞こえたり
時々外にいると、近所の人らしき方が 「いいのを、やりよってですね」
とか、声をかけてくれる
                                    
味をしめて半年ほどは、週一のペースでチェンジしていたが
その内、作品が続かなくなる
                            
仕事の忙しさも手伝ってその後は、ずぼらの一途をたどり
ひどい時は1年近く、ほったらかしの時もあった
                               
                              
昨年からまた、少し心を入れ替えてぼちぼち
展示をやりはじめた
                          
せっかくの空間、遊ばせてはもったいないけぇのぉ
                           

 広島ブログ                             
菅 健風
つれずれ   8 0

:ギャラリー・工房・アトリエ - :学問・文化・芸術


青空の世話にばっかり、なってられへん!
s-DSCF1580.jpg
                     
                                                      
ずぅーと昔、こんなことを書き始めたころの言葉
                           
                             
雨の降る日は雨のように、風の吹く日は風のように
と言いはするけれど
                     
やはり気持ちは青空にはかなわない
                          
                     
                             
そんなとき、はっと思ったのが
                     
天気に左右され、気分に左右され
明るい話題をまち、晴れた青空を待つばかりじゃ、まずいんじゃねぇかと
                                     
自分の戒めにと書いたもの
                        
                        
s-DSCF0641.jpg
                    
                                                     
でも青い空は・・・・・・やっぱり見事だ
                                   
                                          
広島ブログ
                          
菅 健風
つれずれ   8 0

:ことば - :学問・文化・芸術


ユニークな才能ご紹介・com
s-DSCF1579.jpg
s-DSCF1574.jpg
s-DSCF1573.jpg


       
今回は、東広島市福富町在住の、オブジェアーチスト
井手原敬一氏を紹介したいと思う
                                     
                               
器のようないわゆる陶芸作品も作るが、彼の持ち味は
なんといっても画像の中に登場する、数々のオブジェ達だろう
                          
これらの作品達、実はある影響をうけたルーツがあるそうだ
                               
それはともかく、何ともいえない独特の世界が表現されている
                           
                               
どうやら陶芸家をめざしている訳ではないらしく、あくまで造形作家
成型するときのやり方が今は、焼き物ということらしい
                                                
                                 
友人を連れて2度ほど焼き物体験で、作品を焼いていただいたことが
あるがとてもいい感じに仕上げていただいた
今も、体験陶芸は希望があれば応じてくれるらしい
                                
彼が作る作品もすばらしいのだが
彼が持っているなんか、朴とつとした雰囲気がまたすごくいいのである
                                
現在は画像の工房でもくもくと制作活動を行っているが
毎年色々なところで、個展、グループ展と発表活動にも精力的だ
                                      
今後の活躍が楽しみな、有望でユニークな作家である
                                  
                                   
s-DSCF1571.jpg
s-DSCF1565.jpg
s-DSCF1567.jpg
s-DSCF1566.jpg

                                                     
                                                    
作品に興味があるかた、個展など場所を提供してもいいと言う方がおられましたら
是非、コメントにメッセージをお願いします広島ブログ
菅 健風
つれずれ   6 0

:陶芸 - :学問・文化・芸術


ちょっとチャレンジャーだった頃
s-DSCF1562.jpg
                                                                          
                                                     
その昔、ちょっとチャレンジャーだった時期があった
                                 
ここのところ、とんとご無沙汰ではあるが
                     
その頃は確かに、今考えても頑張っていたような気がする
                                  
                                     
                               
今回の画像の言葉は、そんなころに書いたはずだ
                                  
                                     
自己啓発本などに、書かれていることがまさしく、実感として自分は感じて
突き動かされて書いてしまった・・・・・・みたいな!
                                 
どんなチャレンジかというと・・・・・・・
                                   
                                    
ギターを弾いていた友人と、知り合いのお店にお願いしてライブを企画したり
                                     
MTBレースに参戦していた仲間と、レースを主催したり
                                    
会社の同僚と二人で、不良品や廃材を使って山小屋をたてたり
                                         
趣味で始めた書画を、無料のギャラリーを足でさがし何度も個展をしたりと
                                             
こんなこと、あんなことである
                                           
                                                
                                               
それぞれに、本当にたくさんの人と出会い、知り合った
                             
始めてみて、はじめて気が付くことのなんと、多いことか、そして悩み、驚き、喜こんだ
                                
無名のへたくそな個展にも、毎回たくさんの人が訪れ
                            
感動のコメントを残してくれた
                                    
広島の山の中に、中国5県はもとより、四国、九州、関西、時には関東からも
                           
自慢のマシンを車に乗せて人々は集まってきた
                                    
そして我々がきっかけで始まったライブも、今はお店の主催で年間行事になり
                                        
かれこれ10年近く経とうとしているが、現在も老若男女が毎回たくさん
                               
集まり大いに盛り上がっている
                                  
                                       
                                      
こんなことを書いていたら、久々に今年は何か考えて
                            
一つまた、チャレンジしてみたくなった
                                 
                                     
そういえば大殺界が明けて、もう今年は2年目だった
                                
怠けていたのも事実だが、むしろ自粛していたことも今、思い出した
                               
細木数子氏いわく、大殺界時は新しいことしてはいけない・・・・・・・・・・と
 
                                        
                                        
                                            
広島ブログ
菅 健風
つれずれ   0 0

:楽しく生きる - :ライフ


焼き牡蛎、三昧
s-2008_01062007の撮影0016
s-2008_01062007の撮影0004
s-2008_01062007の撮影0015
                                 
                                                      
晴天の日曜日、友人ご夫妻に誘われて
2時間かけて、所有の別荘地へ伺った
                         
川があり、三倉岳という山があり、のんびりとした村があり
すばらしい環境のところだった
                                 
そして用意されていたのが今が旬の一と缶、いっぱいの牡蛎
七輪と薪ストーブ二つを使って、焼く、焼く、焼く
                                 
大きな牡蛎が5分も焼くと、パカッと口をひらき
ぷりぷりの牡蛎が顔をだす
                           
うまい、とにかく旨い
海水の塩味が効いて、レモンを少したらすだけで
もうたまらない美味しさ
貝柱がすっと取れるぐらいが、ちょうど食べごろということを
この度発見した
                         
この食べ方、なかなか室内ではやりにくいかもしれない
また産地が近くないと、殻付の状態でも手に入れられないかもしれない
                                     
でも一度試していただきたい食べ方である
広島では、これから2月中ごろまで産地のあちこちで 「カキ祭り」なるものが開催される
ほんとおいしい
s-2008_01062007の撮影0010

                                                    
  広島ブログ                                                

                           
菅 健風
つれずれ   10 0

:美味しいもの - :グルメ


久々の招かざる珍客の、訪問!
s-DSCF1540.jpg
                           
                                                     
あっ、すいません画像はあくまでもイメージ画像なので
「そこに、やつはいません。」・・・・・・・・ なんちゃって!
                                  
夕方薄暗くなって帰り、駐車場に車で入るとなんと
私の定位置に、愛犬マツ五郎にしては色黒のが、しかも2頭
                            
ポカンとしてこちらを見ていたのは
                     
丸々と太った、たぬきの親子
                               
ハイビームにすると、やっとひょこひょこ移動開始
                          
久しぶりの珍客の訪問だった(画像をお見せできないのが残念)
                                        
                                       
こちらに越してきてから、割とちょくちょく遭遇していた
昼間でも、夜でも、橋の上でも、道端でも
しかし、ここ1年ご無沙汰であった
                                   
                                      
なぜか、私はたぬきに縁がある
ずっと昔の夏の話だが、ここよりもっと市内中心地に近いマンション住まいだった時
なんと4階の私の部屋に、やつが入ってきたことがあった
                               
なぜ部屋まで入ってきたかというと
夏場の暑いとき、ベランダと入り口のドアを開けると風が通り
涼しいわけだ
しかしそのまま、寝入ってしまうこともしばしば
その日も開けたままつい、うとうと
                             
そこへ、やつは入ってきたのだ
                             
この話、私の友人で知らない人はいないはず
こんなことは、めったにあることじゃないとばかり
誰彼かまわず、しゃべりまくったことは
今でも、はっきりとおぼえている
                        

しかし、悲しいことにこの話
「そんなあほなこと、あるかいな」 とばかり誰も信じる人はいなかった
                          
だがこれは、まぎれも無く本当の話である
                         
                                 
 広島ブログ                             

                          
                          


                                   
菅 健風
つれずれ   4 1

:日々出来事 - :ライフ


あけましておめでとうございます。
s-2008_01012007の撮影0011
            
                                                      
新年おめでとうございます
                          
年末からの雪は、元日の朝も続いて寒い正月になった
さあ、昨年とちがい今年の長い正月
何をして過ごそうか
                       
一度言ってみたかったこの台詞
しかし、本当はそう呑気にしていられないのが現実
いつまでも、充電ばかりもしていられない
                                  
                                  
なにはともあれ、みなさま本年もよろしくお願いいたします
                            
   広島ブログ                                 

菅 健風
つれずれ   11 0

:謹賀新年 - :写真


| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。