スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
菅 健風
スポンサー広告  

今年も1年、ありがとうございます!!
s-2011_0529柿いろいろ0005

こちらの年末、最後の日は晴れました

しかし昨日同様、、かなり冷え込んでおり

寒い年末、年始になりそうです


今年も1年、訪問コメントをいただいた方々には感謝いたします

また来年からも、ぼちぼちと更新をしていきますので

よろしくお願い致します。

どうぞ、良い年をお迎えください



s-2011_0529柿いろいろ0013

s-2011_0529柿いろいろ0014

スポンサーサイト
菅 健風
私の、思い   4 0

10年の年月


大変プライベートな動画ですが、myパートナーは

元気ですので、ご心配いただいている

ごく一部のみなさまに見ていただくために作りました。

いつも気にかけていただきありがとうございます。








!-- Facebook Badge START -->Show and Tell ・Tube(見せて、話して、動画で伝える)

Facebookページも宣伝



●「遠くで汽笛が聞こえる」の本棚

  おすすめ本の紹介です!!
本をクリックするとレビューや、アマゾンで購入もできます。


菅 健風
私事   4 0

我が後輩たちの活躍!!




O.U.A Vipers(アメリカン・フットボール部)は創部から40年以上になり

関西学生リーグでも歴史的にはかなり古いほうである



創部から10年と少しは2部リーグで、ぼちぼちの成績を出していたが


しだいに、成績は下降線をたどり、気がつくと3部リーグということになっていた


組織を再編成し、学校、OB,OGの方々のバックアップで環境は

かなり整い、あとは選手の頑張りという段階にこぎつけたが

そこから、また何年もの低迷期が続いた


そしてやっと今年、2011年の秋のシーズンに長かったトンネルを

現役選手、スタッフの総力で突き破ったのである


それも、5戦全勝、4試合シャットアウト、2試合コールド勝ちという

素晴らしい成績だった


どうぞその後輩たちのカッコイイ、ダイジェストプレイを動画でご覧頂きたい






!-- Facebook Badge START -->Show and Tell ・Tube(見せて、話して、動画で伝える)

Facebookページも宣伝



●「遠くで汽笛が聞こえる」の本棚

  おすすめ本の紹介です!!
本をクリックするとレビューや、アマゾンで購入もできます。



菅 健風
私事   2 0

俄然、利用者が増えてきたフェイスブック
179375_490137979023_365989369023_5992440_6140284_n.jpg


今や、世界最大のSNSと言われる「Facebook」


もともとは北米の大学生向けコミュニケーションサイトとして2004年にスタートした

その後は高校生や一般社会人へ段階的にサービスを開放。



世界展開も進めた結果、その利用者数は8億人に達したという。



 Facebookの日本語版は2008年5月に提供を開始。



先行する国内最大手SNS「mixi」と比較され

機能進化の方向性、翻訳の精度、実名制などが理由で浸透まで少し時間が掛かったようだ。



しかし2011年初頭、北アフリカ各国の民主化革命の原動力になったと報道されたり


なんといっても、大きかったのが、Facebook創業期を描いた映画の公開だった




2011年の9月現在で、日本のフェイスブック人口は1000万人を超えてるそうだ



私の周りでも、次第に利用者は増えているようで


勉強会、研究会なるものも、盛んに行われている




確かに、個人としての人間関係構築や

ビジネスのためのツールとしての利用など、とても魅力あるSNSだと思う


わたしは、こんな人間です、私の会社はこんなことをしています

などを写真、動画、日々の短いフィードコメントなどを見てもらって

より詳しく理解してもらえるのだ


そして実名、顔写真が付いているので


その内容がよりリアルに伝えることができる


そういう意味からも、特にビジネスで自分、自社をアピールするには

最適と思われる




Show and Tell ・Tube(見せて、話して、動画で伝える)

Facebookページも宣伝



●「遠くで汽笛が聞こえる」の本棚

  おすすめ本の紹介です!!
本をクリックするとレビューや、アマゾンで購入もできます。


菅 健風
私の、思い   0 0

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。