スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
菅 健風
スポンサー広告  

ストレスがガンを引き起こす


1日に発する体熱の40%以上を産生している臓器こそが筋肉なのです

体温が1度下がると免疫力は30%以上も低下することが分かっていますので、筋肉が衰えて産熱量が減少し、体温が

低くなると、ガン、感染症、免疫の病気等など、あらゆる病気の下地をつくることになります。



体温低下の結果、血液内の脂肪や糖分が十分に燃焼できず残存し、高脂血症や高血糖(糖尿病)が発生、それから

引き起こされる動脈硬化、心筋梗塞や脳梗塞などの血栓症にかかりやすくなります。


先に述べたように、筋肉を使わないことによって血流が悪くなり

むくみ、高血圧、心臓病などの循環器疾患をはじめ、体温低下による免疫力の低下などが誘発されてきます。


さらに、筋肉、筋力の低下は骨や関節にも負担を与え、骨そしょう症や腰痛、関節痛などの骨・筋肉の病気を起こ

しやすくします。「老化は脚から」といわれますが、「老化も病気も筋肉の衰えから」とも言えます。


以上、すべて引用文
菅 健風
ちょっといい話   0 0















 

http://mattch.blog98.fc2.com/tb.php/642-357b1f68
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。